ニュースリリース

HOMEニュースリリース : 2007年7月3日

関係者各位 2007年7月3日
株式会社ジャパン通信社

~広告効果測定第1弾~

第56回全国大学野球選手権大会編
『ハンカチ王子』広告効果16億円超!!

新聞・雑誌合計2,000媒体の調査/分析を行っている(株)ジャパン通信社がこの度『第56回全日本大学野球選手権大会(6/12~6/17)』における『ハンカチ王子』こと早稲田大学野球部の斉藤祐樹投手のメディア露出広告効果測定を行った。

広告効果16億円突破!!

全国紙、スポーツ紙、地方紙ほぼ全ての媒体に連日掲載され、期間中の広告効果としての広告費用換算金額は16億2,858万1,796円となった。
斉藤投手登板日翌日の掲載件数、換算金額は群を抜いている。特に決勝翌日は1日で6億円を越えた。
昨年の甲子園優勝から現在まで続く『ハンカチ効果』は勢いがまったく衰えない結果となった。


 
記事件数
換算金額
全国紙 103 ¥361,608,617
スポーツ紙 303 ¥756,112,052
地方紙 256 ¥420,592,480
その他の新聞 40 ¥33,801,312
雑誌 54 ¥56,467,336
合計 756 1,628,581,796

概要

調査対象案件
『第56回全日本大学野球選手権大会(6/12~6/17)』における
『斉藤祐樹投手(早稲田大学)』のメディア露出広告効果測定
調査対象期間

6/12~6/19

調査対象媒体

全国紙23紙279版
(東京本紙5紙,地方本紙18紙,地方版279版)

スポーツ紙 27紙

地方紙 107紙

その他の新聞 429紙

雑誌 1,135誌

合計 2,000紙誌 

この件に関するお問い合わせ先

株式会社ジャパン通信社
〒104-0045 東京都中央区築地4-4-12 OSビル5階
http://www.japan-tsushin.co.jp

担当 
小池一弘 e-mail koike@japan-tsushin.co.jp