ニュースリリース

HOMEニュースリリース : 2007年10月11日

関係者各位 2007年10月11日
株式会社ジャパン通信社

~広告効果測定第7弾~

東京読売巨人軍5年ぶりのリーグ優勝は64億円の広告効果!

新聞・雑誌合計2,000媒体の調査/分析を行っている株式会社ジャパン通信社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木 和夫)、インターネット情報の調査/分析を行う株式会社ワイズワークスプロジェクト(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:鍋島 日之樹)、TV放送の総合調査/分析を行うニホンモニター株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:韮沢 美樹)の3社は共同で、広告効果測定の第7弾として『東京読売巨人軍5年ぶりのリーグ優勝(10月2日)』のメディア露出広告効果測定を行った。

5年ぶり31度目のセ・リーグ制覇を決めた巨人。本拠地東京ドームで試合が行われた10月2日は実数発表で最高となる4万6260人もの観客を集め、逆転サヨナラ勝ちでリーグ優勝を果たした。一方、その優勝の瞬間を地上波中継するTV局は無く、以前から人気低迷がささやかれてもいた巨人。リーグ優勝を決めた10月2日と翌日10月3日のメディアの露出度に注目してみた。

巨人優勝の広告効果は63億円以上!!

優勝した10月2日(WEB、TVのみ)と翌日10月3日の調査期間での広告費用換算金額は63億7177万6725円となった。内訳は、新聞・雑誌19億7869万4014円、WEB 2億6828万1200円、TV 41億2480万1511円となっている。
 
特に新聞・雑誌は過去6回の調査と比べても驚異的な数字となっている。イチロー選手が日本人選手初のMVPを獲得した「第78回MLBオールスター」(広告効果測定第3弾)での最高額26億6171万634円(調査期間は11日間)や日米大学野球選手権で活躍した斉藤祐樹投手(広告効果測定第2弾)での21億4499万7527円(調査期間は11日間)に迫る金額を10月3日のわずか1日のみで出した。

 
調査期間
新聞・雑誌
TV
WEB
斉藤祐樹投手1 7日 1,628,581,796
-
-
斉藤祐樹投手2 11日 1,628,581,796 7,755,750,319 357,588,000
MLBオールスター 11日 2,661,710,634 7,431,579,036 413,047,800
巨人リーグ優勝 1日 1,978,694,014 4,124,801,511 268,281,200

巨人人気は不滅だった!?

かつての栄光は影を潜め、巨人はここ数年優勝争いに加わることがなく、観客動員数も阪神タイガースに1位の座を奪われていた。人気実力ともに低迷気味ではあったが、今回の広告効果測定の結果、メディアの露出度は依然衰えてはいないものとなった。今シーズンからセ・リーグもプレイオフ制度を導入し、近年にない熾烈な優勝争いが繰り広げられていただけに、巨人優勝というニュースは世の中の注目を一心に集めていたニュースだったと言ってよいだろう。今後、クライマックスシリーズ、日本シリーズを制し日本一となった場合、さらなる注目を集めることは間違いないだろう。

概要

調査対象案件
東京読売巨人軍5年ぶりのリーグ優勝の
メディア露出広告効果測定
調査対象期間

10月3日 (新聞・雑誌)
10月2日~10月3日 (WEB)
10月2日~10月3日 (TV)

調査対象媒体

全国紙 23紙279版
(東京本紙5紙,地方本紙18紙,地方版279版)

スポーツ紙 7紙

地方紙 107紙

その他の新聞 429紙

雑誌 1,135誌

WEB  国内主要ニュースサイト:600サイト

TV  東京キー局 6局(NHK、NTV、TBS、CX、EX、TX)

この件に関するお問い合わせ先

株式会社ワイズワークスプロジェクト
〒110-0015 東京都台東区東上野6-5-8 林ビル2階
http://www.wise-works.net
代表取締役社長 鍋島 日之樹

ニホンモニター株式会社
〒105-0021 東京都港区東新橋2-11-7 住友東新橋ビル5号館
http://www.n-monitor.co.jp
代表取締役社長 韮沢 美樹

株式会社ジャパン通信社
〒104-0045 東京都中央区築地4-4-12 OSビル5階
http://www.japan-tsushin.co.jp

担当 
小池一弘 e-mail koike@japan-tsushin.co.jp


※本資料の内容はご自由に転載、引用ください。尚、引用・転載に際しては、必ずクレジットを明記していただきますようお願いいたします。