ニュースリリース

HOMEニュースリリース : 2007年10月18日

関係者各位 2007年10月18日
株式会社ジャパン通信社

~広告効果測定第8弾~

WBCフライ級タイトルマッチ 内藤大助vs亀田大毅戦編

「国民の期待」は37億円!!

新聞・雑誌合計2,000媒体の調査/分析を行っている株式会社ジャパン通信社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木 和夫)、インターネット情報の調査/分析を行う株式会社ワイズワークスプロジェクト(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:鍋島 日之樹)、TV放送の総合調査/分析を行うニホンモニター株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:韮沢 美樹)の3社は共同で、広告効果測定の第8弾として『WBCフライ級タイトルマッチ12回戦:内藤大助vs亀田大毅(10/11) 』のメディア露出広告効果測定を行った。

WBCフライ級タイトルマッチ:内藤大助(宮田) vs亀田大毅(協栄)戦が有明コロシアムで行われた。以前より両陣営の舌戦が繰り広げられ、ボクシングファンのみならず多くの人々の注目を集めた試合結果は内藤選手が3-0の判定勝ち。あのポンサクレック選手からベルトを奪った苦労人の内藤選手、片やその言動で注目と非難を浴びる亀田家との一戦に注目をしてみた。

各メディアで話題独占! 37億8258円

以前行った「ダルビッシュ有投手の婚約発表」調査と比べても大幅に上回る換算金額になった。新聞・雑誌報道にいたっては約4倍近くの開きになった。スポーツ紙各誌は勿論のこと、全国紙・地方紙でも大々的に取り上げられ、また日程的にもプロ野球のクライマックスシリーズの合間に試合が組まれたことも大きな要因と考えられる。WEB上での報道も約3倍の差が出た。ポータル系のニュースサイトや新聞社各社のサイトに多く掲載されたことが要因と考えられる。戦前「国民の期待に応えます!」と宣言し、プレッシャーの掛かるなか初防衛戦で勝利を収め37億円超の換算金額を算出した内藤選手。各メディアとも試合内容と共に大毅選手の反則行為も大きくクローズアップされた形で報道され、もし対戦相手が大毅選手でなければここまでの換算金額にはならなかったであろうと容易に推測できる。こと日本におけるボクシングを取り巻く状況を考えれば一戦で37億円という換算金額は大きなインパクトを与えると同時に亀田家がボクシング界の「諸刃の剣」的な存在であるということが改めて実証される結果となった。

 
新聞・雑誌
TV
WEB
内藤vs大毅戦 871,802,732 2,592,592,326 239,483,200
ダルビッシュ有投手婚約発表 222,911,432 2,318,777,772 71,603,400

概要

調査対象案件
『WBCフライ級タイトルマッチ:内藤大助vs亀田大毅』戦の
メディア露出広告効果測定
調査対象期間

10月12日 (新聞・雑誌)
10月11日~10月12日 (WEB)
10月11日~10月12日 (TV)

調査対象媒体

全国紙 23紙279版
(東京本紙5紙,地方本紙18紙,地方版279版)

スポーツ紙 7紙

地方紙 107紙

その他の新聞 429紙

雑誌 1,135誌

WEB  国内主要ニュースサイト:600サイト

TV  東京キー局 6局(NHK、NTV、TBS、CX、EX、TX)

この件に関するお問い合わせ先

株式会社ワイズワークスプロジェクト
〒110-0015 東京都台東区東上野6-5-8 林ビル2階
代表取締役社長 鍋島 日之樹
資本金 4,500万円
http://www.wise-works.net

ニホンモニター株式会社
〒105-0021 東京都港区東新橋2-11-7 住友東新橋ビル5号館
代表取締役社長 韮沢 美樹
資本金 6,000万円
http://www.n-monitor.co.jp

株式会社ジャパン通信社
〒104-0045 東京都中央区築地4-4-12 OSビル5階
代表取締役社長 鈴木和夫
資本金 3,700万円
http://www.japan-tsushin.co.jp

担当 
小池一弘 e-mail koike@japan-tsushin.co.jp 
得田太郎 e-mail tokuda@japan-tsushin.co.jp


※本資料の内容はご自由に転載、引用ください。尚、引用・転載に際しては、必ずクレジットを明記していただきますようお願いいたします。